浄土宗眞永山光願寺

光願寺 御祈願

お寺の境内と本堂には阿弥陀様を始めとする仏様がお祀りされています。
恋愛、人間関係、金銭、健康、仕事等でお悩みの際は一度お参りをされてはいかがでしょうか。

阿弥陀様

阿弥陀様

正式名称は阿弥陀如来といいます。阿弥陀如来は浄土宗では本尊となります。阿弥陀如来はすべての者を極楽浄土へ導くとされています。
どんな人でも「南無阿弥陀仏」を唱えることで、極楽浄土へ往生できるというのが浄土宗の教えです。

観音様

観音様

正式名称は観音菩薩と言います。光願寺の観音堂にお祀りする観音様は、病気治癒に御利益があるとされ特に喘息など気管支炎の治癒に御利益があるとされています。また観音菩薩の縁日は毎月18日で、この日にお参りされることをお勧めします。

御不動様

正式名称は不動明王といいます。光願寺にお祀りしております御不動様は別名、「縁切り縁結び不動」 と呼ばれ、その名の通り「悪しきを切り良きを結ぶ仏様」です。人間関係、お仕事や恋愛など多岐にわたってご縁を結ばれる方が多くいらっしゃいます。その大変強力なお力の故、普段は黒い厨子にお祀りしており普段は秘仏になっていて13年に一度御開帳いたします。次回の御開帳は2024年です。また不動明王の縁日は毎月28日で、この日にお参りされることをお勧めします。

お地蔵様

御地蔵様

正式名称は地蔵菩薩です。光願寺の地蔵堂にお祀りするお地蔵様は諸願成就の御利益があるといわれています。草鞋をお供えすると、お地蔵様がその草鞋を履いて願い事を叶えてくださるそうです。地蔵堂には多くの草鞋がお供えされています。また地蔵菩薩の縁日は毎月24日で、この日にお参りされることをお勧めします。

弁天様

正式名称は大弁財天といいます。七福神の中の一人で琵琶を持つ姿で有名です。弁財天とは音楽、芸能、蓄財の象徴といわれ参拝者にはその福得が授かるとも言われています。光願寺には弁財天を境内にお祀りしております。普段は石のお社の扉を閉めており秘仏となっていますが、一年に一度開帳し弁財天のお姿を見ながらお参りすることが出来ます。弁財天の縁日は己の巳の日(つちのとみ)で60日に一度なので毎月日にちが異なります。/p>

Copyright © 2018 kouganji All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る